close

これからくる夏をのりきる! 〜家の性能の大切さ〜

投稿日:2017年09月08日

すっかり、季節がかわってきましたが…。皆様ご無沙汰しております。

北海道視察の様子を引き続きお知らせしようと思ったのですが、

「この季節に寒さに強い!」なんって言ってもピンとこないと思ったので、

この夏をのりきる仕組みも北海道にあったことをお伝えしようと思います。
夏で一番困ることといえば…。

冷房の効きすぎではないでしょうか?

暑くて暑くて、クーラーをガンガンつけたはいいけれど、足元からどんどん冷えていって 夏なのに靴下が手放せないとか、家族間で設定温度が違って争いになる。なんてことはないでしょうか?

今回の北海道視察で、私たちが一番興味をもって採用を考えているのは、

暑い夏も全部屋の温度がやさしい温度に調整できる「全館冷暖房システム」です。
寒い異国などでは一般的なこの全館冷房を日本で採用するには訳があるんです。

それは、住宅の高性能化です。

日本の従来の住宅は、暑さ、寒さに備えた対策があまりされていませんでした。 暑さ、寒さは、「服を多く着る。」「部分的に暖める。」などして「しのぐ」という考え方が一般的でした。

しかし、日本の家づくりも断熱材がよくなったり、気密性がよくなったりしたことで、 家の温度を保つことができる、外気温を入れない家作りが進化をし続けています。

しかし、そんな高機密な住宅が増えているにも関わらず、 暑さ、寒さに対する対策の人の考え方(認識)はいまだ変わっていないのが現状です。

例えば、暑くなれば「クーラーを使う部屋だけにつける。」 寒くなれば、「コタツに入る。」 などがそれです。

これでは、せっかくの高性能な住宅が台無しです。

そこで、「リブレの家」では、熱交換型空調システムを採用しました。

これは、いわゆる進化した換気扇です。

換気扇なので、もちろん家の汚れた空気を外に出し、外の綺麗な空気を取り込むわけですが、

それだけでなく、給気と排気の際に熱や湿度まで交換してくれて、 さらに、家全体の空気を各居室にも送るため、家全体の温度をならすというシステムです。

もちろん、「リブレの家」極シリーズに採用されているこの進化版換気扇もとても効果のあるものですが、 さらに快適に過ごすことができそうな仕組みを、北海道で発見しました。

それは、実際に体験した「新時代の冷暖房システム」です。

これは、床下空間を有効に活用して床全体と室内を同時に空調するシステムです。

これの何がすごいかというと、

◯やさしい温度

◯各部屋に冷暖房器を置く必要がない

◯電気代が安い

◯全部の部屋の温度が調整できる

◯エアコンのお掃除がいらない 等々です。(まだ他にもあります)
これがあれば、家全体がいつでも快適な温度に調整することができるのです。

家の中で寒い!暑い!がなくなれば、本当に毎日が快適に暮らせますよね。
まだまだ、実際に採用できるのか、効果はいかほどなのか、社内で検討をすすめている段階ですが、

これがあれば、皆様の毎日の暮らしがもっと、もっと、快適になるのではないか?という想いを

常に追求していきたいと思っています。

また、実際に商品化されたら改めて詳しくお知らせいたしますね!

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

page top