close

差し色がポイント!インテリアスタイル〜北欧スタイル編〜

投稿日:2016年12月05日

新居ができあがったら、インテリアにもこだわりたい。

今回は、インテリアスタイル別〜北欧スタイル〜のポイントをご紹介します。

ここ最近人気の北欧スタイル。 マリメッコや、IKEA、イッタラなど北欧からのブランド参入によって 暮らしの中に北欧スタイルが取り入れやすくなりました。

そもそもこの北欧スタイルブームの火付け役は、映画「かもめ食堂」や「めがね」からきたのではないでしょうか?

私もあのゆったりとした空気感や色合いに心和まされました。

「かもめ食堂」に出てくるシナモンロール。なんだかとっても美味しそうでしたよね。

 

北欧スタイルにするのに必要なポイントは3つ。

1)アルミタイプのペンダントライトを使う!

フィンランドで有名な建築家Alvar aaltoにより製作された ペンダントライトなどを使用するとよりデザイン性の優れた空間になるのでおススメです。

 

2)デザイン性の高いチェアを使う!

例えば、アーコルーチェアを使ってみる。 ERCOL(アーコール)社とは、家具デザイナーのルシアン・アーコラーニが創業したイギリスの家具メーカーです。 固い木を水蒸気で蒸し、弓のように曲げてしまう「曲げ木」の技術が活かされている、 木の質感の美しい椅子です。

また、座面がファブリックでできている椅子にする。 ナチュラルな椅子の足にブルーなどの原色のファブリックを合わせると北欧らしくなります。

 

3)ファブリックなどの小物使いで、差し色を入れる!

北欧では、日照時間が短いため家の中を明るくみせるためにカラフルなテキスタイルを壁や 家具、小物に使用します。 IKEAのファブリックをファブリックパネルにして飾るのもポイントになります。

20152_txca01a_fabric_sewing_ph137901

出典:イケア ファブリックページより

 

 

ちょっとデザイン性の高い家具を一つ置いて、

機能美をもった小物を置いて、

差し色に原色や北欧ファブリック独特のデザイン性のあるものを使う!

これで、北欧スタイルの完成です。

 

では、実際に現在販売中のセセラの家「津門宝津町Ⅰ」で北欧スタイルを表現してみました。

カラフルな差し色が素敵ですよね。

 

 

もっともっと北欧の事を知りたい方におすすめの本

カーサブルータス特別編集号「北欧デザインの名作と暮らす」

素敵な北欧インテリアがとてもよくわかっておすすめですよ。

http://magazineworld.jp/books/paper/8936/

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

page top