close

詳しく見る

「リブレの家」極シリーズ 極暖は、1年中快適に暮らせる上、無駄なエネルギーを使わず、健康に暮らせる家。
さらにお財布にもやさしい!
住みはじめて「しまった!」と思わないためにも、建てる前に「極暖」のことしっかり知っておく事が大切です。

極暖のUA値くらべてみてください

UA値とは、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。値が小さいほど断性能が高いことを表しています。「リブレの家」極暖は、このUA値が北海道の高断熱性能住宅と同基準です。この数値をみればがどれだけ性能がいいのかおわかりいただけると思います。

外からの熱気や冷気をさえぎり、部屋の熱を逃さない「外張り断熱通気外壁」。

従来の断熱に加え、壁の外側にさらに断熱材を施し、構造躯体をすき間なく覆うことで断熱性・気密性を高めます。

壁の外側・内側の温度差を少なくすることで家の耐久性に大きな影響をあたえる壁内結露も防ぐことが出来ます。

従来の断熱材では避けられなかった隙間や継ぎ目をなくし、安心・快適性をアップ。吹付断熱は断熱性能の劣化がありません。また、現場発砲で構造躯体にぴったり接着しますので、温暖変化伸縮にも柔軟に対応。長期にわたり剥がれ・隙間が出来ません。

外気と接する基礎立ちあがりを断熱材でスッポリ包みこみました。冬は室温や地熱を蓄熱槽として利用することができるので床が冷たくなく、夏は外気より低い温度の地熱により床を冷たくすることができます。

ガラスとして最も断熱効果の高い中空層の厚さ16mmに、アルゴンガスを封入。その中空層を2層にし、2枚のLow-Eガラスで挟んだ、総厚41mmのトリプルガラス。また、スペーサーには熱伝導率の低い樹脂スペーサーを採用しています。

窓で冷やされた空気が下に降りてくることをコールドドラフトといいます。冬の窓辺がひんやりするのはこのためです。断熱性能の高い窓なら室内温度の均質化がはかれ、窓辺の体感温度の差を抑えることができます。

一般住宅において熱の出入りが最も多いのは、屋根や外壁よりも、窓やドアなどの開口部です。冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものは約半分。暖房の熱を逃さず、少ないエネルギーで効率よく部屋全体を温めるためには、開口部の断熱性を高めることが重要です。

構造用合板・断熱材・防水シート等の継ぎ目には、気密テープで隙間を完全に塞ぎます。また、貫通部なども徹底的に塞ぎ、気密を確保します。

建物の基礎と土台をつなぐ部分は、外気が流入しやすく、建物の気密性を大きく下げることが少なくありません。基礎と、土台の間にこの気密パッキンをつかうことで床下への外気の流入をシャットアウトします。

通常の換気システムは、外気をそのまま取り込み、そのまま外に排気します。しかし、フルダクト式全熱交換システムは、換気時に熱(温度)と湿度の両方を交換するさらに進化した換気システムです。室内の快適さをそのままに換気を行うことが可能で、世界トップ クラスの熱回収率により、すぐれた省エネ性を発揮します。

エアダクトにより、家のすみずみまで快適さを循環。
各居室は外気を取り入れる熱交換機からエアダクトにより直接結ばれています。その為、ひとつのエアコンで調温された空気の熱が熱交換機を介して家中に循環されることになります。その為、少ないエアコンで家全体の温度管理をすることができます。

冬場は室内の乾燥を防ぐために加湿器を使うことがありますが、「フルダクト式全熱交換換気システム」の場合は温度だけでなく湿度も交換するため、ほぼ加湿器の設定湿度どおりの快適な湿度を保つことができます。

健康への影響が懸念されるPM2.5(微小粒子状物質)。エコエア90のPM2.5対応フィルター(オプション)は、2.0μmの微小粒子を約90%捕集することができる高性能なフィルターです。
※PM2.5対応フィルターとプレフィルターは一体化されています。

フルダクト式の特徴は、外から空気を取り込む給気口と汚れた空気を外へ逃す排気口がそれぞれ1ヵ所であるということです。一般的な換気は、給気口がたくさんあるため、車通りのある側や隣家のキッチンや浴室側など、空気の汚れや臭いが気になる場所からも空気をとりこんでしまいます。
フルダクト式は、給気口と排気口が1ケ所でよいので、設置する場所が選べて、きれいな空気を取り込むことができます。また、給気口のメンテナンスも一ヵ所※で済みます。

※約40坪まで(プランにより異なります)

家の断熱性を高めることは、各部屋を暖房で暖めるのと違い、家全体が暖かくなって部屋の温度差が少なくなるので、とても快適に過ごせる上、ヒートショックも緩和されます。また、断熱性と健康の関係について調査を行ったところ、断熱が健康改善への貢献度が高いという結果も出ています。

従来の日本の住宅は、限られた敷地内で家を建てるため間取りを細かく分ける必要がありました。
全ての部屋に冷暖房機器を設置するとコストがかかるため、使用頻度の高い部屋だけを冷暖房していました。すると、部屋ごとに大きな温度差が生じてしまいます。では、部屋を細かく間仕切りせず広い空間にします。すると、暖房の効きが悪くて寒い、あるいは冷暖房費が高くなるという問題が生じていました。
しかし、高断熱・高気密住宅では、家全体の断熱性が高いため、全室に冷暖房機器を設置する必要はありません。また、吹き抜けのあるLDKや広いエントランスといったオープンな間取り設計が可能になります。このため、「家族の気配を感じられる空間づくり」や「少ないエネルギーで家中どこでも快適な暮らし」の両立が可能なのです。

家の断熱性を高めるには、一般住宅と比べると建築コストがかかります。しかし、高気密・高断熱化で暖房費を大幅に削減することができます。
住宅ローンと同様に長い目でみて、ライフサイクルコスト(住宅の生涯コスト)で判断すると、イニシャルコストのアップも検討しやすいのではないでしょうか?

結露や湿気を防ぐには、室内の温度と湿度のコントロールが決め手になります。

断熱と気密を高めることで、室内の温度や湿度を機械的にコントロールするようになり、結露による木材腐朽を防止します。また、外からの熱(暑さ・寒さ)や湿気の影響をうけにくくすることで、建物の寿命を伸ばし、長く快適な住空間で過ごすことができます。

これから家を建てらる方に、「家づくりで重要なことは?」と聞くと、「間取り」や「外観・内観デザイン」という答えが帰ってきます。
しかし、面白いことに、家を購入されてから5年以内の人に同じ質問をなげかけると、「高気密・高断熱」や、「収納」という答えが大多数をしめてきます。これは、日常生活を送るうえで、室内の温度環境は、非常に重要であるということがいえます。
日々の生活を快適に過ごすことは、家づくりにおいてとても重要なこと。家を新築する際に、ついついデザイン性に優れたものなどに気持ちがいきがちですが、日々の暮らしのことにも目をむけることで本当の住みよい家をつくることができるのです。

「リブレの家」極シリーズ 極暖は、1年中快適に暮らせる上、無駄なエネルギーを使わず、健康に暮らせる家。
さらにお財布にもやさしい!
住みはじめて「しまった!」と思わないためにも、建てる前に、「極暖」のことしっかり知っておく事が大切です。

極暖のUA値くらべてみてください

UA値とは、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。値が小さいほど断性能が高いことを表しています。「リブレの家」極暖は、このUA値が北海道の高断熱性能住宅と同基準です。この数値をみればがどれだけ性能がいいのかおわかりいただけると思います。

page top