close

詳しく見る

風や光・熱をコントロールすることで、
季節に応じて暑さ、寒さを調節します。
自然も味方につけた家づくり。

「パッシブデザイン」とは、自然エネルギーを効果的に利用することで、快適でありながら電気やガスの使用量を無理や我慢することなく削減できる住まいづくりの手法です。

自然の風を暮らしに取り入れるには、まず周辺の地形や住環境を把握し、海風、川風、山から吹き降ろす風、周辺の住宅やマンションなどの建物の配置を考慮し、通風計画を立てます。

自然の風を誘うには、風や空気の特性を上手に利用することが必要です。温度の違いによって空気の流れをつくる「温度差換気」は、暖かい空気が上に行く特性を利用する方法です。排気側の開口部が風上を向かないよう注意します。

風の向きに合わせて窓をもうけても、周辺の建物の影響で思うように風が通らない場合があります。 縦すべり出し窓を使う工夫で、家の脇を通り抜ける風を捕まえることができます。

水場や植栽などを生かすことも効果的。敷地の緑化は照り返しを防ぎ、葉の蒸散作用で空気の温度を下げます。また、池や水盆にも水の気化熱で風を冷やす効果があります。

太陽の光と熱を暮らしに生かすために、基本的な日差しの特性を知ること。
季節や時間による太陽の高度や方位、日射量を考慮し、採光計画を立てることが快適な暮らしのポイントです。

夏は7割以上の熱が窓やドアの開口部から出入りするため、光や熱を遮る工夫も重要に。
南面の窓にはひさし、西面にはルーバーを取り付けるなどして、日射遮蔽対策が有効です。また、遮蔽タイプの内窓、外付けスクリーンやすだれを併用するとさらに効果が高まります。

冬季に開口部から日射熱を取得し、蓄熱して夜間に利用します。南面の窓は、冬の日射量が西・東向きの窓の2〜3倍あるため、冬の日差しが差し込む高さに注意して窓を配置する。

高断熱・高気密な「リブレの家」は、パッシブデザインがいきてきます。室内と室外の境界における熱の出入りを抑制し、暖房設備の依存率を減らして室温を確保し、さらにパッシブデザインでその効果を高めることができます。

リブレの家は、「極暖」仕様で、夏も快適に過ごすことができます。
一見暖かい家では、涼しさを確保できないのは?と思われるかもしれませんが、「高気密・高断熱」は、外からの熱に左右されず、隙間風がない為、夏場も快適に過ごせる家になるのです。

「リブレの家」は、この街で、生まれ育ちました。

「リブレの家」は、この街が大好きです。
だから私たちは、いままでも、そしてこれからもこの地域で家を建て続けることにこだわり続けます。

ここ阪神地区は北部は山に、南部は海に面する自然豊かで利便性に優れた街です。
この街で生まれ育った私達だからこそ分かる、この地域で独特の感性や習慣、土地の質や、風の流れなどがたくさんあります。
家づくりでは、そういった習慣や、土地のこと、風のことを考えることがとても大切です。その土地にあった家づくり。地域にあった家づくりは、長く快適な家を創りだすのです。

「リブレの家」は、この街で生まれ育った私たちだからこそ知り得ることがたくさん活かされているのです。

極暖の詳しい説明はこちら
page top