close

詳しく見る

すべてにこだわる。細部までこだわる。品質 火事に強い 丈夫で強い 防犯性が高い 長く快適にすべてにこだわる。細部までこだわる。品質 火事に強い 丈夫で強い 防犯性が高い 長く快適に

〇火事に強い

石膏ボードは水蒸気で延焼を抑える不燃材

室内の天井や壁に使われている石こうボードには、化学的に結合した結晶水が沢山含まれています。家1軒に含まれる結晶水は約700リットルもあります(※)。この結晶水は、火や熱にあてられると、熱分解を起こし、結晶水が水蒸気となって放出されるので、壁内部や隣室への延焼防止の効果を発揮します。「リブレの家」では壁や天井に12.5mmの石膏ボードを貼っています。

※2階建てで910mm×1820mm
厚さ12.5mmの石膏ボードを250枚使用した場合

※イメージ写真

燃えにくく、火災の被害を最小限に抑える
サイディング

燃えにくく、火災の被害を最小限に抑えるサイディング

外からの延焼を防ぐことも、火災への備えの大切な要素です。隣家が出火した場合、3m離れていても、家の外壁は800℃以上にもなるといわれます。「リブレの家」では、高い耐火性のあるサイディングを外壁に使用することにより、延焼の被害を最小限に食い止めます。

〇丈夫で強い

安心の基礎づくり

スウェーデン式サウンディング法

三角州や河川沿いの土地に多い軟弱地盤は、地震波の振幅が大きくなり、その上にのる建物の揺れも大きくなるため、耐震性を確保する上で大きなネックとなります。このような地盤では、強い基礎や躯体をつくり上げても、いざという時に、耐震性を発揮することができません。「リブレの家」では、スウェーデン式サウンディング法による地盤調査を実施しています。地盤にどれだけの耐力があるかを正確にチェックし、その結果、軟弱地盤と判定される場合は地盤に適した改良等の措置を講じます。

木造住宅の場合、家を支える重要な基礎には、布基礎、べた基礎の2種類の形状があります。布基礎は、地盤の支持力がある程度大きい場合に使用出来ますが、「リブレの家」では、地盤の支持力に関係なく、基礎の立ち上がりと底盤全体を一体化した強固なべた基礎構法を常に採用しています。
また、内部鉄筋を覆うコンクリートの厚さ(かぶり厚)が、適正でないと鉄筋がサビやすくなり、コンクリートにひび割れが起きるなど、基礎の耐久性が低下します。 「リブレの家」では、このかぶり厚についても、検査を行い、適正な厚さを確保しています。

強固な構造体

「リブレの家」では、柱、梁及び筋違で建物を支える在来軸組工法に加え、建物外壁全面及び構造上主要な個所に構造用合板を貼って建物強度を高めています。これにより、地震などの外力が一点にかかっても、建物全体でバランスよく受けとめて、分散して吸収することが出来ます。

木のいいとこだけを使用した集成材

木は自然素材。1本1本異なる性質を持っています。また、内部を見通すことはできず、割れや腐れなどがあっても部分的に取り除くことは困難です。そこで、「リブレの家」では、重要な構造材に集成材を採用しています。集成材は断面寸法の小さい木材(ラミナ)を接着して作ります。ラミナにすることで大きな節や割れといった欠点を除去し、木の良いところだけを使って、強度と品質を維持することができます。

防犯性が高い 防犯性が高い

〇長く快適に

交換可能な配管工法

住まいの寿命が長くなっても、設備機器や電気製品は消耗品として交換やメンテナンスの時期を必ず迎えます。設備配管も同じように交換が必要となり、金属管においてはサビや腐食の問題も生じてきます。設備配管を破損や寿命などで交換する場合は、壁や天井をはがして配管しなおし、もう一度施工し直す大掛かりな工事となってしまいます。こうした従来の設備配管における不安を解消するのが、集中配管方式による設備配管システムです。耐久性の高いこれからの住まいに適した維持管理を実現するものです。

「サヤ管工法」

給排水管のコンクリート埋設部をサヤ管化し、その中に可とう管を設置することで、後々の点検・補修もコンクリート躯体を傷つけずに行えます。品質確保促進法の等級2以上に対応すると共に、住宅金融支援機構の技術基準「耐久性・可変性に優れた住宅」に対応しています。

防蟻処理

日本は、とても湿気の多い国です。シロアリは湿気を好み、主に床下から家屋に浸入して最も重要な土台を食い破り、やがて致命的な被害をもたらします。「リブレの家」では、お引き渡しから5年間は防蟻保証がついています。また、5年後には再度点検に伺わせていただきます。

ホルムアルデヒト対策として「F☆☆☆☆」基準の材料を使用しています。

内装の仕上げ材、天井裏の下地材、集成材などすべてに、ホルムアルデヒトの放出量が最も少ないとJASやJISの基準で認められた「F☆☆☆☆」水準の安全な材料を使用しています。

page top